羅臼で敗退、知床で勝利!

2日目、土曜日の午前中は、羅臼でのクルーズです。予約していたのはネイチャークルーズさんのプランで、2時間半をかけて、イルカ、クジラ、そして私の最愛のシャチを探します。

船は定刻に無事出航。船はそんなに混んでなかったですが、着いたのが遅めだったので、2階の船縁の、ちょっと座りにくいところをゲット。みんな、なんとなく距離を開けて座ります。そして、なんと、NHKの取材クルーも一緒でした。何かの番組で、このクルーズ会社を取り上げるんだとか。映り込んでしまうけどいいですか、との許可願を取ってました。クルーの皆さんもマスクと距離を意識してました。大変だな。

unnamed4.jpg

天気は特に悪くはない感じ(くもり)でしたが、出航すると、船は揺れてて波が高いみたいでした。ひたすらシャチを探していたところ、30分後くらいに、ふと放送が流れました。

「引き返します。お金は全額返金します」

え。。。。
どどどどどどゆこと??

船会社の判断で、荒天によりクルーズは中止になりました。もちろん、何も、何も、何も見れずに。。。残念だ!残念すぎる!!!

でも、自然が相手だから仕方ない、と自分を納得させて、また2年後くらいに来ることを強く誓いました。NHKの人たちは「残念です」という子供のコメントを撮ってました。撮れ高なしかー。使うんかね、今日の映像は。

船は元の港に戻り、降りることに。悲しくてボーッとしていたのか、たまたまこの日から出ている新しいポケモンに気をとられていたのか、は定かではないですが(たぶん後者)船の2階から1階に降りる時に階段で足を滑らせてしまい、尻餅ついて階段を5ー10段くらい滑り落ちてしまいました。情けない!!右足のスネとお尻にあざを作っただけで、怪我はしませんでしたが。。

もう少し粘れないものか聞いてみたら、午後のクルーズも欠航が決まってしまったという。。もう、羅臼はあきらめるしかなく、一路、ウトロ側を目指しました。羅臼で得たのは青痣だけ。敗退です。。。。

時間がめちゃくちゃ余ってしまったので、羅臼からウトロ側に向かう途中にあるビジターセンターに立ち寄りました。シャチの骨格標本とかがありました。このシャチは、流氷に挟まれて群れ数匹が死んでしまっていたのを見つけて、標本にしたみたいです。大きいなーー。いつか野生の生シャチを見たいものです。

unnamed5.jpg

ここに来たら、同じクルーズ船に乗ってた人が何人も来てました。みんな残念そう。クルーズ船に外国人の家族連れがいて、ここでもお見かけしたのですが、外国人観光客が来れないこの時期にどうして?と思ったら領事館ナンバーの車が止まってました。どこかの大使館の人なのかな。

知床横断道路を戻り、ウトロ側へ。今度は雲海は出てませんでした。帰りは鹿だけ見れました。ウトロのクルーズは15:30から。時間が余っていたので、知床五湖の高架木道に行きました。以前も来たことがあるし、どーせ熊は見れないだろうなーと思ってフラフラ歩いていたら、ずっと1ヶ所に立ってじっと草原?を見ていたおじいさんが「熊いるよ」と私たちに話しかけてくれました。

え!?!?

おじいさんの案内で双眼鏡を血眼で見つめたところ、確かに、熊の耳と頭が見えました。すごい!!初めて野生のクマが見えました!!目が悪いし、かなり遠くにいたので、双眼鏡がないと、ほとんど見えませんでしたが、確かにちゃんとクマでした!!(おじいさんは肉眼でよく見えていたみたい。すごい!)

unnamed6.jpg

unnamed7.jpg

双眼鏡ではバッチリ見えたのですが、私のカメラには映り込んでいてくれなかったので、この写真は友人のカメラによるものです。
それにしても、うれしい!!ヒグマリベンジ達成です!!5-10分くらいそこで見てましたが、草の影に入って全く見えなくなってしまったので、諦めて一路、先に進みました。

3年ぶりに一湖を見て、またふらふらと高架木道を歩いて戻りましたが、帰りは熊は見れませんでした。残念。。でも前回は知床五湖の大ループを数時間歩いて、シカとかリスすらも見れなかったのに、今回は木道から熊が見れたので大収穫です!知床、勝利!!

unnamed2.jpg

unnamed3.jpg

少し遅めのお昼は、道の駅シリエトクです。ここで食べたシャケいくら丼が絶品だと友人が楽しみにしており、2度目の訪問です。魚卵が苦手な私はエゾシカカツカレーを食し、クルーズ船へ。

unnamed1.jpg

実は知床のクルーズ船は3日目のamに乗ろうと思っていたのですが、飛行機が15:10の便なので、それに間に合うクルーズのうち、催行しそうな便がないか、ひたすらネットを調べ、運行している全ての会社に何度も電話して予約状況を聞きまくったのですが、日曜am便は短距離コースは催行が厳しいことが判明し(知床岬コースは1社だけ催行確定しているものがあったけど、出航時間が遅めなので飛行機に間に合わない)逆に土曜pmの遅めの時間で催行確定しているツアーがあることがわかったので、プラン変更です。

知床では、ゴジラ岩観光さんのルシャ湾コースに参加しました。2時間くらいで、知床岬より手前のルシャ湾まで行くコースです。予約した順に乗船できるのですが、そこそこ早い予約だったらしく、右側の2階席が取れました!こちらも、そんなに人数は多くなく、みんな間隔を開けて座っていました。

定刻にウトロ港を出航。前回は、おーろら、という大型船だったのですが、今回は小型船なので、かなり崖側や岸に近づいてくれますし、アナウンスもよく聞こえます。船酔いしないなら絶対に小型船がおすすめです!ライフジャケット着用だし、風が強いとめっちゃ寒いですが。

そして、前回の知床旅行で熊がいたポイントに到着。友人と、「前回ここで見たねー」と会話してたら、、、、いたー!!!

unnamedSITASIXN.jpg

無題.jpg

ヒグマ、いました。しかもちゃんと全身が見えます!のっしのっしと歩いてます!ここでは一頭のみでしたが、ちゃんと見れましたし、写真も撮れました!肉眼でもみれました!
知床、大勝利です!!

大満足のうちにまた船が動き、その後、ヒグマが一番見れるというルシャ湾へ。先行の別の船会社の船長さんとの情報交換では、熊はいるらしいが、見えにくいとのこと。そう思っていたら、クマが出てきました!最初は草の影や木の影に入ってしまって、すごく見づらかったのですが、崖のほうに出てきてくれました。

ズームしないで撮影するとこのくらいの距離感。

unnamedFX2XIQ79.jpg

2頭います!!親子連れ!!!そして、なんと、子供は頭の方が白い珍しいヒグマとのこと!!!!

unnamedZWSZSPXV.jpg

2.jpg

子供のほうは、全身が白というわけではなくて、頭のほうが白で、お尻のほうは茶色っぽい感じ。親はもちろん普通の黒。子供は保護のためか、知床財団によりチップ?GPS?がついているらしいです。密漁されたら大変ですしね。。

私も、周りの乗客たちも、大興奮しているので、本当は予定時間を過ぎてるとのことでしたが、船会社の人の温情で、船をしばらく止めてくれました。一眼レフの超望遠レンズをつけた人も、わたしのように普通のデジカメの人も、スマホの人も、みんながシャッターをきりまくり、双眼鏡のある人は双眼鏡を覗き込みまくり、かなりの時間、そこで船を止めてくれたので、すごく、すごく、たくさん、見れました!船会社さん、グッジョブです!

さすがに、そろそろすみませんが帰港します、とアナウンスが流れて、船は急いでウトロの港に引き返しました。船内は大興奮の余韻でボーゼンという感じ。かなり風が強いので、何人かは屋根のある1階に移動しましたが、わたしは2階で写真を見返してニマニマしていました。

すごいぞ、知床!
本当に、本当に、来てよかった!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント