福の駅ぽーたぶる

アクセスカウンタ

zoom RSS 霧のブダペストと、光のブダペスト

<<   作成日時 : 2018/04/28 05:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハンガリーの首都ブダペストに着いたのは夜でした。夜景が綺麗ねー、でも明日の夜はナイトクルーズでがっつり夜景見れるし車窓からの写真は撮らなくていいよねー、とタカをくくっていたのは翌朝まででした。朝起きてみたら外は真っ白でした。なななななな何事!?!?

ブダペストは濃霧につつまれていました。ホワイトアウトだろってくらいの、濃い濃い霧が、全てを真っ白にしてしまいました。本当だったら景色が綺麗に見える高台の絶景ポイントらしき場所に連れていかれるも、本当に真っ白で何も見えないという、、、、テンションだだ下がりです。

画像


とはいえ、霧だろうと何だろうと行程は進みます。次は漁夫の砦という白い建物と、マーチャーシュー教会がある高台に来たものの、やっぱり真っ白。。。、せめて入場観光できたらテンションも上がるのに、ミサ中では入れないとか。。。トホホです。

画像


漁夫の砦は、ドラクエ的なファンタジー感がハンパないし、こーゆー建築物って大好きなんだけどなー。白い霧に白い建物って、本当に真っ白だよー。

画像


ちなみに、この砦の中心部分はカフェになってて、入れませんでした。実は途中から、階段を登るのも有料になってたみたいで、、。何で私たちは無料で登れたんかな。不思議。階段部分にいるドラゴンもドラクエ的でいい感じではあります。

画像


そして、霧が晴れることはなく、午前中の観光は終了。ツアー全員のテンションが低いまま昼ご飯を食べたら(こーゆー時の添乗員さんは大変だろうなぁ、、言ってもしかたないのに文句言う人とかいるだろうし)午後は自由行動組と、観光連れて行ってもらう組に分かれました。ハンガリーについて、ほとんど調べてこなかったというのもあり、私たちは観光組に混ざりました。

まず行ったのが、エステルゴムという、ハンガリーのキリスト教の総本山らしい教会です。でっか!!

画像


中はいたって普通の教会でした。

画像


この教会があるのはハンガリーと、スロバキアの国境近くとのこと。Google MAP様の表示はこんな感じ。

画像


次に、ドナウベントという観光地へ。着いた時、もう暗くなってしまっていました。日が落ちるの早いなぁ。。

ここは、まだクリスマスマーケットが残っていたり、色々なお土産屋があるところで、自由に散策する時間がもらえました。観光地と言っても、特に何があるわけではなさそうでしたので、ふらふらとお土産屋を物色しました。ハンガリーは貴腐ワインが有名なんだとか。あとでスーパーで探してみよう。

画像


街の奥の方にマジパンの工房があるんですが、、見学は有料だったんで、入口でチラ見して、お土産だけ見て出てきてしまいました。お土産として買って帰る人も多いみたいですが、、マジパンって、あんまり好きじゃないんですよね。甘くて。。。

画像


画像


そしてバスに戻って一路ブダペストへ。祈るような気持ちです。なぜなら、このあと、ブダペストに戻って船からの夜景観光(ナイトクルーズ)が待ってるんです。あの濃霧が晴れたのかどうか、気が気ではありません。

そしてブダペストへ。やったー!!!晴れてる!!!!

貸切のクルーズ船に乗り、川の両岸からライトアップされた建物を見るのですが、すっっっごく幻想的。昼間に見れなかった建物も綺麗に見えました。スゴイ!本当にスゴイ!!

画像


画像


画像


画像


画像


ゴテゴテしたライトアップではなく、ふんわりとした優しい色の光につつまれた数々の建物や橋が、本当にきれいで、大感動!大感激です!!この旅行中で、最高のテンションになりました!!さすが世界遺産!!!

冬だしクルーズ船は寒いのですが、ツアーの多くの方は甲板からライトアップされた建物を右に左に見て、シャッター切りまくってました。私もデジカメと携帯と二つ抱えて撮りまくりです。

途中でワインのサービスもあり、贅沢なひとときを過ごすことができました。

画像


霧で見えなかった昼間の景観については残念でしたが、その分、大きな感動が待ってた感じです。ハンガリー、また来たいです。今度は濃霧じゃないときに、ね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霧のブダペストと、光のブダペスト 福の駅ぽーたぶる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる